マンション経営のいいところ

不動産業界の裏を知ってる現役なんちゃって不動産投資顧問が不動産投資を語ります。ワンルームマンション経営中心に、1棟投資、アパート経営、中古マンション投資    などを活用した資産運用を紹介します。 
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

サイトマップ     FC2ブックマークに追加     プロフィール      最新記事のRSS     このブログをリンクに追加する      メール

マンション経営のいいところ HOME > カテゴリー [運用事例 ]
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   --:-- | Top
 
 

新築ワンルームマンション経営の運用事例

 
◆1件所有 HSBCで預金連動型ローン利用により融資金利0% 自己資金230万円

◆2007年7月 早稲田駅4分 1LDK 8階購入
購入時 43歳 会社役員

購入価格 4230万円 自己資金230万円 融資 4,000万円 0% 35年 
月収支 +60,700円(家賃から経費とローン支払いを引いた手取家賃収入)
年支出 :固定資産税のみ
年収入 :728,400円+税還付金(年により違います約150,000円/年平均)

税引き後キャッシュフロープラス 約850,000円/年
投下資本実質利回り 36.9%



通常はHSBCの投資ローンは35年融資は不可ですが、限られた物件には可能です。
興味有る方はご相談下さい。メール
スポンサーサイト


ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   19:55 | Trackback:1 | Comment:0 | Top
 
 

新築ワンルームマンション経営の運用事例

 
新築ワンルームマンションは自己資金が0円でも出来る!
というフレーズを聞いたことがあっても、本当に可能なのか?と疑問を持っている人も多いみたいです。
今日は実際に自己資金を一切使わずに運用している人をご紹介。


◆2002年4月 大江戸線月島駅徒歩2分 1K(22平米)6階購入
購入時 38歳 年収1,500万円  民間企業会社員 

購入価格 1820万円 融資 1,820万円 3.45% 30年 
月収支 -6,200円(家賃から経費とローン支払いを引いた金額)
(年支出 74,400円/年 + 固定資産税約45,000円/年 =合計約119,400円)
(購入後一度不動産取得税支払い約160,000円)
(年収入 確定申告による還付金 年により違う 約100,000円/年平均)
税引き後キャッシュフロー少しマイナス

◆2006年11月 2件目購入 大江戸線月島駅徒歩3分 1LDK(48平米)7階購入
購入価格 3,490万円 融資3,490万円 2.85% 35年
月収支 +12,700円(家賃から経費とローン支払いを引いた金額)
(年支出 固定資産税 不明  不動産取得税約360,000円)
(年収入  152,400円 + 18年度確定申告による還付金 約400,000円)
税引き後キャッシュフロープラス

◆2007年 1件目物件のリノベーション(収益を上げるためのリフォーム)を行う
自己資金0円 費用約95万円 全額借入 10年ローン 月支払い約10,500円
家賃20,000円アップ 月額手取家賃収入9500円アップ
月収支 -6,200円 から +3,300円に改善

◆2008年1月 2件目物件を 4,050万円 で売却
◆2008年3月 売却時に得た現金のうち400万円で1件目物件の借入に繰上返済(月支払い軽減型)を行う。
月支払い20,400円軽減により月収支+3,300円から+23,700円にアップ 。

初購入後5年目で
年間手取家賃収入284,400円 自己資金利用は0円 利益は約320,000円
投下資金が0円なので利回り計算できないですが、仮に1円使った事にすると
年間利回り 533%


同じように取り組みたい方はメール下さい。



ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   20:59 | Trackback:2 | Comment:0 | Top
 
 

ローン借り換え事例

 
その1
金利はそんなに変わらないが、期間を延ばすことによって収益をアップする方法。
新築ワンルームマンションの場合で頭金なしのフルローンにて購入した場合、ローンが終わらないと収入になってこないと思っている方も多いようですが、ローン途中でも収入へと転換していくことは可能なのです。方法の一つとして借り換えです。

実際の事例
すでに新築ワンルームマンションを全額ローンで2件購入している方がいました。3件目の購入相談を受けました。既存2件のマンションはマイナス収支で、2件合計で毎月2万円程支出が発生している状況でした。そこで金利はほとんど変わらないが、ローン期間を延ばしてキャッシュフローを改善してみてはいかがかと借り換えの提案しました。
結果、毎月の収支は-2万円→+2万円へと4万円の収支改善となりました。

詳細は
1件目 1980万円 3.5% 
月支払い88,000円 360回払い 残債約1650万円
2件目 2010万円 4.175%
月支払い98,000円 360回払い 残債約1690万円

この残債合計を1つのローンにして
 借入 3400万円 3.7%
 月支払い144,000円 420回払い 

月の支払い 186,000円⇒144,000円
42,000円のダウンです。年間で約500,000円の収益改善です。
そのままにしておけばマイナスがずっと続く状態でしたが、プラス収支にすることによって繰り上げ返済用の財源まで確保することが出来るようになりました。この財源で数年毎に繰り上げ返済することで更に手取収入は増えていきますし、また期間の短縮も可能になります。

ちなみに既存ローンの残存期間を伸ばして借り換えが出来る金融機関は限られているので、同じようにしたい人はご相談ください。メール


その2
自宅ローンの借り換えをネタに投資マンションも安い金利へ変更

実際の事例
あるお客様が偶然銀行から提案された事例です。自宅のほかにワンルームマンションを3件所有している方ですが、たまたま自宅のローン借り換えに最寄の銀行へ相談へ行ったら、『今回自宅の借り換えを当行にてしていただけるのであれば、今所有されているワンルームマンションの借入もまとめて安い金利に借り換えさせて頂きます。』との事。やはり銀行の融資担当もノルマが有りますので偶然ノルマ未達の時期に行くと良い提案をしてくれます。

詳細は
1件目 1700万円 3.1%(変動)
月支払い75,000円 360回払い 残1550万円
2件目 1920万円 2.89%(変動)
月支払い90,000円 300回払い 残1730万円

この2件を1つのローンにして
 借入 3300万円 2.5%(10年固定)
 月支払い144,000円 312回払い

月の支払い 165,000円⇒144,000円
21,000円のダウンです。年間で252,000円の収益改善。
この場合は金額が下がった以上に10年の固定金利にしながらも少し金利が下がったことが大きいですね。金利が上昇する前に固定に上昇リスクをヘッジしてしまいました。
これは偶然銀行側からの提案でしたが、これに習って違う銀行でも何度か試しましたが比較的成功率は高いです。都銀ではなくて、地銀や信金のほうが成功率は高いです。
金融引き締めが顕著になってきてからは厳しいかもしれないですが、相談してみる価値はあると思います。ちなみに最近では東京の信用金庫でワンルームマンション投資ローン1件のみの借り換えは可能でした。

ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   12:02 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

工夫で家賃を上げた例

 
ちょっとした工夫で家賃を上げた過去の事例を少しご紹介します。

その1
がらがらまわす懸賞でプロジェクタが当たった人がいたのですが、少し前に液晶テレビを買ったところなので使っていないと聞いたので、所有マンションの次回賃貸空室時に天井に固定し、電動収納式スクリーンを壁に設置して家賃を5,000円上げてはどうかと提案しました。

結果は通常通り賃貸が付きました。特にワンルームマンションの場合は部屋も狭いのでテレビを置くスペースがなくなるだけでも部屋が広く感じるし、映画鑑賞好きの人にはうけもいいようです。入居者の方も喜んで契約してくれたそうです。費用はスクリーン代の4万円だけです。投下資本利回りは150%。

その2
ワンルームマンションは最近でこそトイレは独立しておりますが、洗面と風呂は一緒になっている場合がまだまだ多い。ワンルームのお風呂は規格自体が小さい(一般的には1014サイズ)のですが、実は図面を良く見てみると浴室と壁の間に空間が残っている場合も意外と多く有ります。その場合は壁工事をせずにもうひとつ大きい規格の浴室に変更できる場合もあります。今回は一面の壁だけを10cm廊下側にずらして浴室をひとつ大きなサイズのものに変更しました。ついでにスケルトンの浴室にしちゃいました。家賃アップは6,000円。費用は約40万円。今回の投下資本に対する利回りは18%です。

その3
本業がインテリアコーディネーターの女性オーナーさんがいたのですが、その人は賃貸に出す前に必ず自分でコーディネートします。ホームセンターで買った物や仕事で使わなくなった材料などを使い少し個性的な部屋にしています。それだけでいつも相場よりやや高めに家賃設定するのですがすぐに賃貸がつきます。
賃貸募集時に間取り図だけで募集しても雰囲気が分からないので、必ず写真をつけるようにしています。出費はほとんどないのですが、他物件との差別化をはかり高収益を得ています。部屋が増えると全部やるのは大変になってきますが、所有物件が少ないうちはこのようなことも楽しいと思います。

ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   16:58 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

新築ワンルームマンション経営の運用事例

 
担当お客様の新築ワンルームマンションの運用事例を紹介

40代・既婚・女性
2004年夏 購入
新築ワンルームマンション 東京駅徒歩7分
24㎡

自己資金  780万円
都市銀行融資 1280万円 優遇金利 1.8%(2年固定)
家賃保証付(サブリースじゃないですよ)

月の収支
●収入 97,000円 賃料
▲支出 14,320円 管理費・修繕費・管理委託手数料 
    46,041円 ローン返済
  合計60,361円

●手取収入 35,639円  続く・・

ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   19:29 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 

新築ワンルームマンション経営の運用事例

 

先日投資マンションの借入を完済した人にお会いしました。

 

『これからの収入を考えるとワクワクしますね』と満面の笑みを浮かべておりました。マンション経営は怪しいものあつかいされる事も多いので、この様な機会にお会いするとこちらも気分良くなりますね。

 

いい機会なのでその方の運用事例をご紹介しましょう。



ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   19:39 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
カテゴリー
 
 
月別アーカイブ
 
 
ユーザータグ
 
 
人気ブログランキング
 
クリック↑ ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク
 
アクセスランキング
 
 
最近のコメント
 
 
最近のトラックバック
 
 
市場情報
 
 
アクセスカウンター
 
 
耳より情報
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
ページナビゲーション
 
 
ブログ内検索
 

 
不動産投資顧問のBookmark
 
各公式ホームページのBookmark
 
プロパティマネージメント
 


個々の不動産を1つの財産(property)として捉え、価値を高めて投資効率を上げる業務のこと。建物・設備のメンテナンスや賃貸業務をするだけでなく、コスト管理、収益を高めるためのリニューアルコンテンツの提案なども合わせて行う。「物件運営管理」と捉えれば通常の不動産賃貸業務に近いともいえるが、キャッシュフロー重視で投資利回りを向上させる役割が主であり、より重要な作業となります。

マネジメントメニュー

 
金融機関情報
 
投資用ワンルームマンション融資を取扱かっている金融機関の一覧
 
投資用新築1Rマンション取扱会社
 
  • 木下工務店
  • FJネクスト
  • スカイコート
  • リョーワウェル
  • エスグラント
  • トーシン
  • 陽光都市開発
  • TFDコーポレーション

 

 
不動産投資活用サイトLink
 
 
収益不動産を買うならココ
 
 
リンク
 
 
【利回り15%以上】
 
     
    あし@
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。