マンション経営のいいところ

不動産業界の裏を知ってる現役なんちゃって不動産投資顧問が不動産投資を語ります。ワンルームマンション経営中心に、1棟投資、アパート経営、中古マンション投資    などを活用した資産運用を紹介します。 
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

サイトマップ     FC2ブックマークに追加     プロフィール      最新記事のRSS     このブログをリンクに追加する      メール

マンション経営のいいところ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> リスク対応について > 空室リスク
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   --:-- | Top
 
 

空室リスク

 

賃貸オーナーにとって一番気になるのが空室。住む人がいなければ当然家賃収入も得られません。
ワンルームマンションに関しては他の記事にも書いている様に需要が旺盛ですからファミリーマンションに比べて安心だと思います。
日本賃貸住宅管理協会の調査によると、東京都の単身用賃貸住宅の入居率は96.64%と極めて高い数値を記録してます。
参考記事
ワンルームマンションの賃貸需要について

ワンルームマンションに住む人ってどんな人

上記の入居率は新築からかなり古いものまで、マンションやアパート・ハイツなど全てを含めて算出した数字です。当然都心部の新築の鉄筋コンクリートマンションに限定すれば限りなく100%に近い数字になります。
私の知る限り新築ワンルームマンションであれば例外なく竣工から間もなくして全室入居が確定されます。

最近では新築の場合、契約形態に関係なく全てのオーナーに空室保証をつけている業者もあり、早く入居者を付けないと賃貸管理会社の利益が少なくなってしまいますので業者側からしても問題なく賃貸を付けられる物件とシステムを考えて提供しています。こういった保証を会社が付けているのも入居率の高さの裏付けでもあります。

しかし、築20年以上経過してきた場合は20年間どこの会社に管理を任せたかによって収益に大きな差が生まれます。
管理会社の管理能力の差が出てくるのです。普段の管理費の使い方や修繕積立金の使われ方によってマンションの外観などもかなり違ってきます。
みなさんも普段街中を歩いていて、まだ築浅マンションなのにえらく汚れて古く見えるマンションがあったり、逆にすごくきれいなマンションなのに実は築20年以上のマンションだったりと、見た目の差を感じたことがあると思います。それは管理能力の差です。
管理能力が低いと、当然古くなれば賃貸が付きにくくなってきます。(それでも入居率は90%以上に上りますが・・)建物管理に関しては重要なことなのでまた別の日に書きます。ランニングコストを抑える為に安く請け負ってくれる所に頼むと古くなってきたときに痛い目を見ます。

上記を踏まえたうえでもまだ安心できないという方は
『サブリース』や『借上げシステム』を利用してみてはいかがですか。でも、個人的な意見を言えば、これだけ入居率が高いので余計に手数料を払ってまでリスクヘッジする必要はないと思うし、手取賃料が安定するというメリットの影に契約期間中は賃料を上げられないというデメリットが発生します。このメリットとデメリットは相反する問題で、借り上げ契約期間が長期になればなるほどメリットもデメリットも増えます。30年一括借上げなどは30年間に大幅な物価上昇があってもオーナーに入ってくる賃料は増えません。そして借上げ期間中の解約は違約金が必要になる業者も少なく有りません。借上げ契約にした場合も数年毎に契約内容を更新できるようにするのは業者にとってもオーナーにとっても重要だと思います。

最近はマンスリー業者とも区分所有者個人で借り上げ契約を結べるようになったので、不動産業者を通さずに直接マンスリー業者に借上げてもらえば空室リスクも無い上にかなり高賃料で借上げてくれます。また、管理会社に払う手数料も必要なくなりますので収益が改善されます。

もうひとつは、一般契約をしておきながら、別途保険をかけておく方法。実際保険ではないのですが、しくみとしては共済のようなもので、年間1万~2万円ほどの掛け金で一定期間の空室保証をしてくれるサービスがあるので、別途加入しておくのもいいでしょう。


結論としてはワンルームマンションの区分所有程度でしたら、いくらでも空室リスクをヘッジする方法は有りますし、最悪空室になったとしても数年に1回あるかないかですしある程度借入をしていたとしても負担額は月額5万円~8万円程ですので、私のような安月給サラリーマンでも何とかなる金額です。空室になったときの為に月2000円づつぐらいストックしておけば十分に対応可能です。

役に立ったら応援クリックお願いします

 人気ブログランキングバナー  fc2ブログランキングバナーオレンジ


スポンサーサイト


ココに無い情報は人気ブログのランキングで探してね!


   17:09 | Trackback:0 | Comment:2 | Top
 
 
Comment
 
訪問&リンクありがとうございます。相互リンクさせていただきました。最近、記事UPのペースが落ちていましたが励みになります。また、お寄りします。
はじめまして。 2008.02.25 Mon 23:11 [Edit]
 不動産投資顧問 [URL] #-
相互リンク有難う御座います。確かにコメントが増えると励みになりますよね。
私のblogはなぜかコメントよりメールでの問合せがかなり多いのです。なぜかな~?
こんにちは 2008.02.26 Tue 18:32 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://propertymanagement.blog31.fc2.com/tb.php/31-b62871dc
 
 
カテゴリー
 
 
月別アーカイブ
 
 
ユーザータグ
 
 
人気ブログランキング
 
クリック↑ ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク
 
アクセスランキング
 
 
最近のコメント
 
 
最近のトラックバック
 
 
市場情報
 
 
アクセスカウンター
 
 
耳より情報
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
ページナビゲーション
 
 
ブログ内検索
 

 
不動産投資顧問のBookmark
 
各公式ホームページのBookmark
 
プロパティマネージメント
 


個々の不動産を1つの財産(property)として捉え、価値を高めて投資効率を上げる業務のこと。建物・設備のメンテナンスや賃貸業務をするだけでなく、コスト管理、収益を高めるためのリニューアルコンテンツの提案なども合わせて行う。「物件運営管理」と捉えれば通常の不動産賃貸業務に近いともいえるが、キャッシュフロー重視で投資利回りを向上させる役割が主であり、より重要な作業となります。

マネジメントメニュー

 
金融機関情報
 
投資用ワンルームマンション融資を取扱かっている金融機関の一覧
 
投資用新築1Rマンション取扱会社
 
  • 木下工務店
  • FJネクスト
  • スカイコート
  • リョーワウェル
  • エスグラント
  • トーシン
  • 陽光都市開発
  • TFDコーポレーション

 

 
不動産投資活用サイトLink
 
 
収益不動産を買うならココ
 
 
リンク
 
 
【利回り15%以上】
 
     
    あし@
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。